人間性に問題があるshoの海外・国内旅行ブログ

主にひとり海外・国内旅行と登山。海外は東南アジアを巡ることが多いです

MENU

【日本百名山】ずっと憧れだった山形・月山を登る

ブログタイトルを人間性に問題あるshoと題しているが、まともな部分も持ち合わせているので登山が趣味でもある。おっさんになると一緒に遊ぶ仲間がいないので旅行も登山もすべて一人。もともと一人が好きなので孤独とか苦にならない。あっ、それでも彼女はいるし、いつか結婚だってしたいと思っているよ。でも、本音を言えば登山好きなかわいらしい山ガールとイチャイチャしたい・・・。

 

さて、齢30を超えて日本百名山なるものに挑戦しようと決意し、ついでにその記録も取っておこうと思った。だから、ただただ登山の記録。

 

1.山形・月山のおさらい

山形には出羽三山と呼ばれる山岳信仰の対象となっている山がある。この出羽三山が月山、湯殿山羽黒山の三つの山からなるのだ。山形に地酒に出羽桜があるが、何かしら関係があるのだろうと思ってググると、

出羽桜の出羽は、712年から江戸時代まで山形県秋田県をあわせた領土のことを出羽国(でわのくに)と呼んでいたため、地名から取ったといわれています。

 とのこと。へー、こいつは初知りだ。このほか小説で森敦が書いた「月山・鳥海山」なんかも有名かな。

 

さて、登山のほうはというと、登山ルートが何本か整備されているのだけれども、初心者におすすめなのが羽黒山口コースのピストン。スタートは月山八合目バス停のある場所。自家用車でも行けるし、鶴岡駅からバスも出ているのようなので公共交通機関でも行けるみたい。

f:id:wannavi:20210809121928j:plain

月山登山ルート

 

2.登山の様子と写真

f:id:wannavi:20210809122618j:plain

登山口・月山八合目の駐車場

f:id:wannavi:20210809122812j:plain

なだらかな道が続く。整備されていて登りやすい

f:id:wannavi:20210809122914j:plain

登るにつれてだんだんと青空見えてきた

f:id:wannavi:20210809122955j:plain

登山開始30分ほどですでに見晴らしがよい

f:id:wannavi:20210809123101j:plain

山小屋

f:id:wannavi:20210809123150j:plain

山小屋

f:id:wannavi:20210809123221j:plain

こんな感じの岩道が続く。勾配が緩いのでハイキング感覚で登れる

f:id:wannavi:20210809123323j:plain

右のほうに見えるのが頂上 あともうちょい

f:id:wannavi:20210809123415j:plain

頂上ついたーーー!月山の三角点

f:id:wannavi:20210809123500j:plain

月山の本当の頂上には月山神社がありってお参りをします

f:id:wannavi:20210809123653j:plain

頂上から少し下がったところお昼ご飯。景色を眺めながら飲むコーヒーが最高。この時ばかりは煩悩がなくなります

f:id:wannavi:20210809123822j:plain

今回No.1写真。丸池に青空が反射する様子がまさに天空の鏡

f:id:wannavi:20210809123950j:plain

下山をしても弥陀ヶ原湿原からの眺めが素晴らしい

 

登山は頂上でのお昼休憩も入れて約5時間半。時間はちょっとかかるけど初心でも登れる山。なにより景色が綺麗で登っていて幸せになれる山。なんか天国を歩いているような感覚に浸ることができました。

 

3.下山後の温泉

登山と温泉はセット。特に下調べをしなかったんだけれども、月山八合目から車で30分くらいのところにある月の沢温泉 北月山荘【公式】に日帰り入浴した。山奥にあるので期待していなかったのだが、建物の中に入ってみると綺麗にされている。なんだろう、素朴なんだけれども落ち着く感じ。そして大浴場から月山を眺めることができる。あぁ、あの山にさっきまで登っていたんだなと感傷に浸りながら登山の疲れをいやすのであった。